最初は疑ってた太陽光発電、設置して正解でした!

12.26

コメントは受け付けていません。

0209

新築の家を建てる際には全く太陽光の事は頭にありませんでした。

太陽光発電の収入で本当に、初期導入費用が回収できるの?
その後黒字になるの?と疑問だったからです。

メーカーや販売店の資料に記載されている数字を見ても
「本当に~?」と疑いの眼差しで見ていました。

それが、ご近所さんが太陽光を設置したので実際に発電している数値や売電のレシートなどを見せてもらい、雨の日や曇りの日でも発電している事が確認でき、そのタイミングで電気の価格が上がると知り考えが変わりました。

我が家はオール電化住宅で、南向き。屋根の形状も太陽光を乗せるのに最適な状況でした。

ご近所さんがお世話になったソーラーベンチャーさんがちょうどイベントを行う事を知り、我が家の電気のレシートと家の図面などを持参し話を聞きに行きました。

そこで我が家に太陽光を設置した場合の売電金額を算出してもらった結果「これは太陽光を設置すべきでは?」と主人と話合い、約6キロのシャープの太陽光パネルを設置する事になりました。

太陽光を契約した時に「初期導入費用は約10年で回収できます。」と言われましたが、設置したのが9月なのでまだ1年経っていませんし、発電するのに適した時期がこれからなので、1年でどれだけ売電するのか不明です。

ですが、今までの売電金額を見て、おそらくこれから発電した場合の売電金額を見込むと10年で回収できると予測できます。

売電だけで見れば10年かかる計算ですが、実際には日中は発電した電気を使用しているので、その分を考えると本当はもっと早く回収できている計算になるのではないかと思っています。

屋根に乗せている太陽光のパネルは「簡単には壊れたりしません」と言われていますし15年保証があるので5年間は売れば売るだけ利益になります。ただ壊れるとすればパワーコンディショナーと呼ばれる電気を変換する装置が保証外になる様なので、それさえ壊れなければと思っています。

太陽光を設置したおかげで、我が家では小学2年生と幼稚園の年長の子供達も「電気の節約」と言って電気をつけっぱなしにしたりしない様に意識してくれているので、それも良かったと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年6月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る